図解・気象学入門~気象予報士試験の準備、最初の1冊!

ペーパー気象予報士のハルです。

気象予報士試験を受けてみようかな!と思って勉強を始めるとしたら、まず何から手を付ければいいのか・・・と迷いますよね。

もちろん最初に気象業務支援センターで公開されている過去問を見てみて、雰囲気を掴むのはいいと思います。ですが、「その問題を解けるようになるためには何から始めればいいのか?」というのは意外と分からないものですよね。

迷いすぎて動けなくなるぐらいなら、通信講座などを受講した方が早いと思うのですが、恐らくこの段階の人はまだ受験するかどうか決めかねているでしょうから、いきなり通信講座となると時間的・金銭的にちょっとつらいですよね。

ですからある程度安価に手軽に読める本をいくつかご紹介したいと思います。

今回は「図解・気象学入門 – 原理からわかる雲・雨・気温・天気図」(ブルーバックス:古川武彦・大木勇人著)です。単なる一般向けの天気の解説書よりも気象学寄りで、かつ「一般気象学」に比べるとずっと平易に書かれていますので、気象現象がどのような原理原則で起こっているのかを掴むのに適しています。



「雲はなぜ落ちてこないか?」から始まるやさしい本!

目次を見てみましょう

本書の目次はこんな順番になっています。

1章 雲のしくみ

2章 雨と雪のしくみ

3章 気温のしくみ

4章 風のしくみ

5章 低気圧・高気圧と前線のしくみ

6章 台風のしくみ

7章 天気予報のしくみ

勉強が一通り終わったあとで再びこの本を読んでみると、「雲の話から始まっている」というところにちょっと違和感を覚えたり、あるいは「なるほど!」と感じたりしました。

違和感というのは、気象現象のしくみとしては「気温」とか「風」の方が恐らく先であって、その結果として雲につながるのでは・・・と思うからなのですが、一方では「目に見える一番身近な現象」である雲から始まっているのでとてもとっつきやすいです。

また、違和感と書きましたが、本書の流れとしては

雲・雨・雪・気温・風→低気圧・高気圧・台風 ||(おまけ)天気予報

という風になっているので、実際には4章までの順番は多少前後しても構わないんだと思います。

やさしい記述がうれしい

所々にキャラクター「地球くん(ハル命名)」が出てきたりして和みます。キャラクターがなくても図解がけっこうシンプルで分かりやすいです。

出典:図解・気象学入門 p.23

出典:図解・気象学入門 p.70-71

そんなわけで「やさしい本」という印象を持ちました。これは「易しい」と「優しい」をかけています。

気象予報士試験に出る内容もしっかり入っている

「やさしい本」とは言うものの、単に「雲がきれいですね」とか「台風は風が強い」とかいうことを羅列してあるわけではありません。数式は極力使わず、いろいろなたとえ話を使いながら気象学のエッセンスを示してくれています。

例えば1章には「静水圧平衡」「状態方程式」「ドルトンの分圧の法則」「飽和水蒸気圧」「湿度」「露点」「熱力学第1法則」「大気の鉛直構造」などといった内容が出てきます。さすがに計算問題までは出てきませんが、これから問題演習をしていく前に意味をだいたい掴んでおくことができるのがいいところですね。

「はじめに」に著者の気持ちが述べられていた

ここまで記事を書いて、ふと「はじめに」に目を通してみました。しまった!はじめに読めばよかった。著者がどのような気持ちでこの本を執筆したかが述べられています。

気象予報士試験の受験者はのべ10万人を超え、試験に関連する書籍も数多く見られます。また、受験者向けではなく、天気に関心をもった初心者向けの書籍も数多く出版されています。

本書は、それらの書籍とはやや性格が異なるものです。

「気象学」そのものをもっと深く知りたい – そう思い始めた初心者向けに本書は書かれています。特に、次のような人にはうってつけでしょう。

  • 天気の本を読んだことがあり、興味はもてたが、まだわかったような気がしない。もっと深く、くわしく知りたい。
  • 気象予報士試験対策の本を見たが、試験問題を解くためだけの記述なので、しくみを「なるほど」と思えるようには書かれていない。丁寧でくわしい、気象学の入門向け解説がほしい。

著者の古川武彦氏は気象大学校などを出られた後、気象庁でずっとキャリアを積まれた方のようでして、気象予報の専門家です。そんな方が「試験問題の解き方だけではなくて、気象学そのものをもっと分かりやすく伝えたい」と筆をとってくださったのですね。実にありがたいです。

ハルの私見ですが、試験を突破するためには確かに「解き方」などのテクニックは必要になりますが、あまりにも「効率的に解き方だけをマスターしよう」と効率を追い求めてしまうとかえって合格が遠ざかるような気がするんですよ。このあたりは1人1人に違ったバランス感覚が必要なんだと思いますが。

最初に雰囲気をつかむのにお勧め!

と、ご紹介してきた「図解・気象学入門 – 原理からわかる雲・雨・気温・天気図」ですが、気象予報士試験を受けてみようかな?と思い始めた方はまず読んでみてはいかがでしょう。この本に出てくることは、前の記事で紹介した「一般気象学」にも出てきますから、「最初は雰囲気をつかんで、後から詳しく勉強する」というスタイルが好きな人にはお勧めの1冊目です。

ハルの受験の際にはこういう本があるのを知らなかったので結構大変でした。いまから受験するなら絶対最初に読みます!

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ
ポチお願いします!